ハゲとは、頭髪が何かしらの原因によって頭皮からほとんど抜け落ちてしまった状態などを指す言葉です。ハゲになる原因は、自然脱毛以外には病気、薬の副作用、ストレス、などがあげられます。


頭髪は他の体の組織と同じように、新陳代謝を行なって、一定のサイクルで頭髪の抜け替わりが行なわれています。頭髪の元とも言える毛根には、毛乳頭と言う組織があり、そこで毛細胞が分裂して成長し、頭髪を作り出しています。


頭髪には成長期、退行期、休止期の3種類の期間に分けられます。毛乳頭が活発に毛細胞を作っている時期を成長期と言い、3年程度続き、退行期で成長が止まり、休止期で髪を作らなくなり、2,3年して成長期になって再開します。


これらのサイクルが狂うと、成長期の髪が、未成熟のまま薄毛で抜け落ちたり、抜け毛が多くなって、そのまま退行期や休止期に入ったまま、毛根の活動が再開されない事態になります。

はげの原因はいろいろあります。男性ホルモンの異常、遺伝や体質、ストレスや性格、食生活、生活パターンなどたくさんあります。


自分が禿げた原因は何なのかを探すのが重要です。原因がわかればそれを取り除くのがはげの対策としては一番重要ですが、原因が分からない場合も多々あります。


はげの兆候は、抜け毛と薄毛に現れ始めます。頭髪には成長期、退行期、休止期の3種類の期間に分けられます。毛乳頭が活発に毛細胞を作っている時期を成長期と言い、2年から5年続き、退行期で成長が止まり、休止期で髪を作らなくなり、2,3年して成長期になって再開します。これらのサイクルが狂うと、成長期の髪が、未成熟のまま薄毛で抜け落ちたり、抜け毛が多くなって、そのまま退行期や休止期に入ったまま、毛根の活動が再開されない事態になります。

シャンプーは、毛根と頭皮を清潔に保つために、定期的に行なう必要があります。シャンプーで気をつけることは、どこのメーカーのシャンプーを使う場合でも、必ず完全に洗い流す事が肝心です。


また、シャンプーは洗浄を行なうものと割り切って考え、栄養補給などの目的でシャンプーは使うべきではありません。大体頭皮から直接栄養補給することなど、人体の構造を考えれば、おかしな話です。


シャンプーより、重要なのがリンスです。頭皮や頭髪にとって大敵なのは、フケや油脂などの老廃物ばかりでなく、地肌の乾燥もはげの原因になります。頭皮や頭髪が乾燥すると、他の肌と同じで、潤いが無くなり、かさついてきます。


頭皮がかさつくと、抜け毛の原因になるばかりか、上皮にある毛細血管も萎縮し、血流が悪くなります。毛根などに栄養を送っている毛細血管の血流が滞れば、成長不良になって、薄毛の原因にもなります。


頭皮へのマッサージは、頭皮の血行を活発にするため、はげの防止には、非常に有効と言えます。


はげになる前に、頭皮がツッパたり、他のところの地肌のように、頭皮が赤みを帯びてくる事は、毛根が死に始めている兆しです。


毛根にある毛乳頭といわれる、言わば頭髪の種の部分で、成長障害があると考えられます。毛乳頭の成長障害の一番の原因は、毛細血管の血流の低下が挙げられます。毛細血管の血流が低下すれば、十分な栄養が補給されず、毛根が死んでしまう恐れもあります。


このような場合に、頭皮のマッサージを行なうことで、毛細血管の血流を促進してあげる事は、はげの予防にとっては、有効と言えるでしょう。入浴時など、血流が活発になるときに、頭髪のマッサージを行なえば、その効果は一層高まります。


偏った食事や運動不足によって、人体の新陳代謝のサイクルが狂い、血行障害やリンパ障害が起こり、ホルモンの異常分泌を引き起こし、その結果はげになると言ってもよいでしょう。その意味で、運動をすることで、体の新陳代謝を促す事ははげ予防には不可欠です。全身運動によって、汗をかけば、不要な老廃物を体外に除去し、正常な代謝機能が回復されます。


また、脂肪分の多い食事は皮脂の発生を助長しますから控えて、体内の脂肪、中性脂肪やコレステロールを減らすために、食物繊維を多くとり、食材は環境ホルモンの無い無農薬有機農法のものを使い、規則正しい食事を心掛ける事が前提です。

はげの対策をシャンプーによって行っている人はたくさんいるようです。強力なシャンプーで、皮脂をすべて洗い流してしまうようなものがありませすが、これには注意が必要です。乾燥などのトラブルから肌や頭皮を守るために分泌される成分が皮脂なのです。洗浄力の強いシャンプーを使用し続けると頭皮に肌荒れが起こり、はげの対策どころか、逆に脱毛症を発症させてしまう恐れがあります。


髪の基本成分はケラチンですが、身体の全体的な健康が髪に反映されますから、ケラチンの摂取はもちろんですが、血液がサラサラの状態で、栄養が豊かに髪に届くように考慮することも大切です。


まず、髪の成分であるケラチンを生成する栄養素があるのは、肉類、魚類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品です。その他、髪の発育を促すヨードを合んだ食品のわかめ、ひじき、昆布などに代表される海藻類がいいですね。その他、ビタミンE、A、P、ビタミンB群コラーゲンも大切です。


はげになれば育毛剤や発毛剤を使うのは当然かもしれませんが、それと併用して生活習慣を健康的に変えることも重要だと思います。


きちんとした食生活、規則正しい生活を心がけ、過度のお酒やたばこなども髪にはよくありません。

カテゴリ

月別アーカイブ

DESIGNED BY